信頼度の高いレビューサイトの新規事業アイディア

商品をECサイトで買いたいと思った場合、必ず参考にするのが口コミ・レビューだろう。しかしそのレビューが信頼に足るものかどうかが疑わしい場合や、レビューの情報量が少ない場合がある。それらを解決し、レビューサイトとして大きな規模となっているビジネスがある。

SMZDM

https://www.smzdm.com/
設立:2010年
従業員数:968人
所在地:中国
決算:2019年度 売上95百万USドル 純利益17百万USドル
2019年に上場
月間訪問者数:5,600万

 

PC、スマホ、家電、キッチン用品、ペット用品、化粧品など、多数のジャンルが並んでいる。

大きなカテゴリとしては「お得・セール」「良い記事・レビュー」「越境EC」などの区切りでコンテンツを閲覧することもできる。

 

レビューのページが詳細なのが一つの大きな特徴だろう。

レビューアーはまるでブログやまとめサイトのように、複数の写真と多くのテキストを使って、その商品の詳細なレビュー記事を投稿している。

個別のレビュー記事にコメント機能もあり、質問したり、かなり詳細な情報を知ることができる。

数行のテキストが中心の、アマゾンや価格コムのレビューとは一味違った感じだ。

何かの商品を買いたいと思ったときに、個人のレビューブログなどが内容が充実していて非常に参考になることがあるが、そういった個人レビューブログがまとまっていると思えばいいだろう。検索の手間もないし、情報が充実している。

また、そのレビュー記事への評価、レビューアーへの評価も公開されており、信頼に足るものかどうか、わかりやすい。

 

トラフィックの中心はダイレクト70%、検索は27%止まり。 価格コムのトラフィックがダイレクト28%、検索67%なので、対照的なデータだ。

記事が多数あり、ニュースサイト感覚で見ることができる点や、コミュニティ要素もあるので、ユーザーが直アクセスしてくるサイトとなっているのだろう。

「欲しいと思っている商品+レビュー」などのキーワードでアクセスしてきたユーザーが、他にも面白い商品を発見することができる記事紹介カテゴリや、お気に入りのレビューアーを見つけてフォローしたりと、定着するような仕組みがある。

事業モデルとしてはAlibabaやJD.comなどECサイトへのアフィリエイトだ。商品が購入された場合に数%~の手数料が入るが、レビューの質が高いためコンバージョン率も高くなっている。EC事業者は、モール内の競争が激化しており、自社ECサイト等へ誘導したいニーズがある。

顧客の中心は25~34歳の男性であり、そのためPC・スマホ・ガジェットなどが人気のカテゴリのようだ。

 

ビジネス分析

ニーズ

正確で詳細なレビューを求める顧客のニーズは強い。

また、企業側もEC市場の拡大と競争激化に伴い、集客手段は常に探していることから、費用対効果の良いアフィリエイトで販売ができるならば導入したいニーズはあるだろう。

市場の成長

EC市場の拡大とともに、こういったレビューの市場も成長する。

収益性

アフィリエイトは商品販売の数%~という手数料のため、販売数の量をどれだけ増やせるかという点。

大規模なトラフィックを生み、多くの量の取引が発生すれば、ユーザー生成コンテンツでのプラットフォームなのでコストはあまりかからず、収益性は非常に高くなる。

立ち上げ

  1. WEBサイト構築
  2. レビューアー集め
  3. アフィリエイト構築

レビュアーのコミュニティをどれだけ作り上げられるかどうかが立ち上げのカギとなるだろう。

Follow me!

ニュースレターにご登録ください

最新の記事やお知らせを、ニュースレターとしてメールマガジン形式でお届けします。ニュースレターでしか配信しない非公開情報もお届けしますので、ぜひご登録ください。

いまならレポート「アフターコロナの時代における10の有望な起業・新規事業テーマ」を無料でプレゼントしております。

着目すべきテーマ・着眼点、参考にすべき過去の事例についてのレポートです。

2 thoughts on “信頼度の高いレビューサイトの新規事業アイディア

  1. アバター yamashushu より:

    この記事を読むと日本だとYouTuberのレビュアー系がこの分野で一番マネタイズできている感じがしますね。

    1. 木村文則 木村文則 より:

      そうですね、ユーチューバーやインフルエンサーは個人メディアとしてマネタイズできてますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です